マンガ

さよならミニスカート4話(2巻)のネタバレ感想!犯人の歪んだ愛

投稿日:

仁那が可愛くて可愛くてたまらなくなってきてる。

光、俺の代わりに守ってやってくれ!って気分です(笑)

この記事では、さよならミニスカート4話(2巻)のネタバレ有りのあらすじと感想を書いています。

 

※ネタバレに繋がる情報も結構出てくると思うので、漫画を純粋に楽しみたいという人はご注意ください!

 

 

「さよならミニスカート」自分は

【フジテレビオンデマンド】[AD]で読みました!

期間限定だけどジャンプ+でもどうぞ。

 

さよならミニスカート4話(2巻)のネタバレあらすじ

仁那はお父さんがいない?

3年前。

神山仁那(かみやまにな)はお母さんに「弟か妹だったら、どっちが欲しい?」と聞かれ、どっちも欲しくないのに「弟かな」と答える仁那。

小さいころお母さんの帰りがいつも遅く、自分を支えてくれたのはアイドルだった。

アイドルは本当のことを言っちゃいけない。アイドルを誰よりも愛する仁那は、アイドルになるという覚悟から本当の感情を表に出さないようになっていく。

そのとき、お母さんの隣に座る男がお父さんかと思ってたら「もうすぐ僕の娘になるしね」と意味深発言。

悪い人では無さそうだったけど、このおじさんは本当のお父さんじゃないんだな

 

犯人は光なのか?

タクシーで向かった先は、ピュアクラが初めて単独ライブをした小さなライブハウス。

光のカバンの中には、事務所に送られてきた仁那の写真が入っていて、それを見つけたサラは光が犯人だと確信する。

しかし、光の友達のメガネが、握手会の襲撃事件があった日、光は高校の入試を受けていたから犯行はありえないと発言。

 

脇腹のホクロ

襲撃されたとき、仁那は犯人の脇腹にホクロが3つあるのを目撃していた。

その話を聞いた(ひかる)は、すぐに制服を脱ぎ始める。

光の脇腹にはホクロは無かった...

そして、脱いだシャツをずぶ濡れになった仁那に着せる。

あまりに小さく弱そうな仁那を見た光は、思わず涙を流し、抱きしめるのだった。

服脱いだときの光の上半身のキレイなこと。作者は影の書き方がウマすぎる。それとシャツを着せるのは女を惚れさす上級テク

 

俺が守ります

ピュアクラメンバーも現場に駆けつける。

光のカバンから写真が見つかったということは、犯人が光のカバンに入れたことになるから学校を辞めるよう話すマネージャーだったが「もう逃げたくない、そんな奴に負けたくない!」と高校を辞めようとしない仁那。

花恋に何かあったらと心配する声を遮るように「俺が守ります!」と男気を見せる光に、ピュアクラメンバーがキュン死しそうになる。

光の男らしさがヤバイ!

 

未玖と犯人

光とイチャイチャする仁那に対して、嫉妬に狂う未玖(みく)。

そんな未玖のことを把握している犯人は、邪魔するんじゃないと長栖未玖の写真にナイフを突き刺すのだった...

ホクロ犯人怖ぇ〜!

 

さよならミニスカート4話(2巻)の感想!犯人の歪んだ愛

さよならミニスカートにどっぷりハマってしまった。

1巻ではツンツンしてた仁那が、乙女な姿を出してきて、たまらなく可愛くなってきた。

二次元の女の子しか愛せないってオタクの人がいたりするけど、その気持ちが分かりそうな気がするぐらい可愛い。←俺が犯人か?w

光が犯人じゃないと分かり、安心したけど、犯人の花恋に対する歪んだ愛の深さに震え上がってる。

1巻で光に迷惑をかけてしまったというような表現があったから、犯人がこれから光に悪さするのかと思うと、読み進めるのが怖い気もするけど、次が読みたくてしょうがない。

めちゃくちゃ面白いんだが、どうしよう。おじさんながら心踊る(笑)

 

スポンサーリンク

 

-マンガ

Copyright© FODを楽しもう , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.