映画

映画【十二人の死にたい子どもたち】13人目0番を殺した犯人は誰?原作からネタバレ!

投稿日:2018年12月13日 更新日:

映画【十二人の死にたい子どもたち】13人目0番を殺した犯人を原作からネタバレ!

映画【十二人の死にたい子どもたち】が、2019年1月25日から公開されます。

 

新田真剣佑に杉咲花と人気若手俳優が集結し、内容も衝撃的で面白いんじゃないかと注目が集まっていますが、一番気になるのは13人目0番を殺した犯人が誰なのか?

 

この記事では、映画【十二人の死にたい子どもたち】のキャスト紹介と、13人目0番を殺した犯人が誰なのかを原作小説からネタバレしていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

【十二人の死にたい子どもたち】という衝撃の問題作が映画化

YouTubeで予告動画が公開されたと同時に、再生回数がドンドン増えていて、その注目度が伺えます。

 

廃病院に集まった十二人の子供達が「死にたい」と集まってくるという、とても地上波では放送できないような衝撃的なストーリーに、こんな映画が人気を集めるとか日本大丈夫か?と心配になっちゃいますが、自分も興味ありすぎて小説まで読んじゃいました(一番大丈夫じゃない俺w)

 

だって、面白そうなんだもん(笑)

 

【十二人の死にたい子どもたち】のキャスト紹介

映画と違うところがあるかもしれませんが、小説での12人のキャラクター設定を簡単に紹介していきます。

 

1番:サトシ(高杉真宙)

映画【十二人の死にたい子どもたち】13人目0番を殺した犯人を原作からネタバレ!

サトシは14歳の中学生なのに、この会の主催者。(映画では、15歳の高校1年生に変更されてた)

どこまでも冷静沈着で表情を変えない、死に取り憑かれた少年。

一言感想

本当に中学生か疑いたくなる精神年齢

 

2番:ケンイチ(渕野右登)

映画【十二人の死にたい子どもたち】13人目0番を殺した犯人を原作からネタバレ!

ケンイチは16歳の高校2年生。

いじめられてたことが原因で参加。空気が読めないところがある。

ケンイチがいなかったら、、、この物語はなかった

 

3番:ミツエ(古川琴音)

映画【十二人の死にたい子どもたち】13人目0番を殺した犯人を原作からネタバレ!

ミツエは、ゴスロリの格好をしている16歳の高校2年生。

何かの熱烈なファンで、好きだった人が亡くなり、後を追おうとする(小説では詳しくは語られなかったけど、映画ではバンドマン「ゲリ閣下」のファンとなってた。ゲリ閣下ってw)

死にかなり前向き

 

4番:リョウコ(橋本環奈)

映画【十二人の死にたい子どもたち】13人目0番を殺した犯人を原作からネタバレ!

リョウコは、ニット帽を深く被りマスクと、顔を見られないようにする習慣がある。

ちょっとネタバレするけど、有名女優で、女優の時の名前はリコ。

いかにも怪しいけど、見かけに騙されるな

 

5番:シンジロウ(新田真剣佑)

映画【十二人の死にたい子どもたち】13人目0番を殺した犯人を原作からネタバレ!

シンジロウは、推理好きで、クスリや医療機器に詳しい17歳の高校3年生。

何かしらの重病で、髪がなくスキンヘッドでハンチング帽を被っている(映画の真剣佑は髪があるけど、カツラ設定なのか?)

物語の中心人物。

あなたは、メンタリストですか?

 

6番:メイコ(黒島結菜)

映画【十二人の死にたい子どもたち】13人目0番を殺した犯人を原作からネタバレ!

メイコは、18歳の高校3年生。

最初は、気の弱そうな女の子と思いきや、より条件の良い相手につくコウモリ女。

一番ヤバい女

 

7番:アンリ(杉咲花)

映画【十二人の死にたい子どもたち】13人目0番を殺した犯人を原作からネタバレ!

アンリは、全身黒い服を着ている17歳の高校3年生。

態度が大きく、自分の言い分は絶対に曲げない攻撃的性格で、誰よりも集いが実行されることを願っている。

なんとなく迫力がある

 

8番:タカヒロ(萩原利久)

映画【十二人の死にたい子どもたち】13人目0番を殺した犯人を原作からネタバレ!

タカヒロは、吃音(きつおん)で、喋り方が独特な16歳の高校1年生。

母親に薬を飲まされるも眠れず、起きてるときも頭がボーっとしていて、深い眠りにつきたいと願っている。

実は切れ者?

 

9番:ノブオ(北村匠海)

映画【十二人の死にたい子どもたち】13人目0番を殺した犯人を原作からネタバレ!

ノブオは、18歳の高校3年生。

集いでは明るい青年のように見えたけど、実はイジメられていた悲しい過去が。

原作では、坊主頭の汗っかきな様子だったけど、映画は超イケメンだな。

一番とんでもない秘密を抱えてる

 

10番:セイゴ(坂東龍汰)

映画【十二人の死にたい子どもたち】13人目0番を殺した犯人を原作からネタバレ!

セイゴは、15歳の不良高校生。

ヤンキーだけど、弱者には優しい一面も。

原作では、とても高校生には見えない貫禄あるガッチリ体型だと書かれてたけど、映画版はシュッとしたヤンキーなのか。

集いに来た理由が一番悲しい

 

11番:マイ(吉川愛)

映画【十二人の死にたい子どもたち】13人目0番を殺した犯人を原作からネタバレ!

マイは、ギャルの17歳、高校3年生。

原作ではガングロ系の一昔前のコギャルのイメージでした。

おバカキャラで、マイはちびまる子ちゃんの山田みたいなイメージだなと思いながら読んでました。

治らない病気を抱えてるって、おい笑

 

12番:ユキ(竹内愛紗)

映画【十二人の死にたい子どもたち】13人目0番を殺した犯人を原作からネタバレ!

ユキは、おとなしい性格の15歳、高校1年生。

黙っていることが習慣で、常に存在感を消している。

交通事故の後遺症で左腕が不自由に。

存在感を消してるけど、物語のキーマン

 

13人目:0番(???)

映画【十二人の死にたい子どもたち】13人目0番を殺した犯人を原作からネタバレ!

集いの場に来た招かれざる者。

13人目の彼を、シンジロウはゼロ番と呼ぶことにする。

 

【十二人の死にたい子どもたち】13人目0番を殺した犯人を原作からネタバレ!

映画【十二人の死にたい子どもたち】13人目0番を殺した犯人を原作からネタバレ!

これが買った小説です。文庫版を読ませてもらいました。この表紙の女の子は誰なんだろう?調べてみても分からず。アンリかユキかそれとも誰でもないのか。

 

それでは、ここから13人目の0番を殺した犯人が誰なのか?ネタバレしていきます!

 

ここから映画『十二人の死にたい子どもたち』のネタバレ、結末に繋がる内容がある可能性が高いです!まだ映画を見てない人、ストーリーのラストを知りたくない人はご注意ください。

 

最初、主催者のサトシが寝るべきベッドで死んでいたことから、サトシが一足先に薬を飲んで逝ってしまったのかと思われていたが、サトシが登場したことで、13人目の招かれざる者だと判明。

 

「あの方は、どなたですか?」

 

これは無理心中ではないから、いつ帰っても問題ない。それは参加者の自由意志で、実行は全員の賛成を持って行われることがこの集いのルール。

 

13人目がいる中で実行するのか採決を取る。みんな13人目が誰だろうと目的を達成できれば関係ないと考えていたが、ケンイチだけが反対する。

 

13人目ゼロ番の体を入念に調べたシンジロウは、これは殺人だと思い意見を変える。そして、誰が0番を殺したのか推理と検証を始める。

 

それぞれが抱えてる事情、ここに来るまでの経緯などを聞くと同時に、実行に向けた準備を進めていると、0番がおくび(ゲップ)をする。

 

0番は生きていた!

 

0番は、ユキのお兄さんのユウキだった。自転車で2人乗りをしてるときに、ユキがふざけてユウキのマフラーを引っ張ったことが原因で、交通事故に遭ってしまう。

 

お兄さんを可哀想に思ったのか責任を感じたのか、ユキは2人一緒なら参加を許してもらえると思い、連れて来たのだ。

 

車椅子にお兄ちゃんを乗せて運んでいると、段差があり入れない場所があり、自動ドアを開けに行き戻ってみると、そこにアンリとノブオがいた。

 

集いが中止になることを恐れたアンリとノブオは、運んで来た者(ユキ)を排除しようと話し合っていたのを聞いてしまったユキは隠れるしかなく、13人が集まってしまったのだった。

 

映画【十二人の死にたい子どもたち】13人目0番を殺した犯人を原作からネタバレ!

映画の予告を見ると、0番は女の子のように見えるけど、設定を変えてくるのかな?それとも、ユキのお姉ちゃんということにするのか?

 

スポンサーリンク

 

小説【十二人の死にたい子どもたち】を読んだ感想

全員賛成じゃないと実行できないというルールが途中からもどかしく感じてしまったのと、12人も登場人物がいるから1人1人どういう人物か紹介する部分が大半で、ちょっと中盤ダレてしまった気がする。

 

登場人物を12人じゃなく6人ぐらいにして、キャラクター1人1人をもっと深堀りしてほしかったかな〜。

 

アンリが社会に向けてメッセージを発信したいと参加してたけど、話のスケールが大きすぎてイマイチよく分からなかった。ヘルペスが不治の病だと思ってるマイとか削って(笑)、もっとアンリについて知りたかったです。あとシンジロウも。

 

それとそれぞれの死にたい理由が軽いというか深みが無い。イジメが理由なら、どんな風にイジメられてきたのかをじっくり教えてくれないと感情移入できない。唯一、可哀想だな〜と思えたのは不良のセイゴぐらいかな〜。

 

最初は、死ぬことを全く恐れないクレイジー集団だなとドキドキしたけど、そこがピーク。バッドエンドやイヤミス好きな私としては、結末も嫌いでした。これ言ったら結末分かっちゃうか笑

 

十二人の死にたい子どもたち

集団安楽死は、実行されたのか?

ぜひ小説もしくは映画でご確認ください!

 

PS.

4番が誰だ?って盛り上がってるけど、ストーリー的には大したことないです。広瀬すずとか橋本環奈とか可愛い女優さんが起用されるんだろうな〜。女優さんって、なんであんなに可愛いんだろうな〜、好き ← きもいぞw

 

追記

12月23日16時に4番が発表されました。

予想通り、広瀬すずちゃんでした〜!

まあ、そんなに重要な役でもないから、賛否はありません。

 

記事内画像出典

「十二人の死にたい子どもたち」公式サイト

-映画

Copyright© FODを楽しもう , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.